ニッタイ工業株式会社

ハイドロテクトタイル
HYDROTECT TILE

TOTOハイドロテクト

ハイドロテクトタイルのここが良い!1.空気浄化効果

光触媒の酸化力で、排気ガスで汚染された空気をキレイに

人体に悪影響を及ぼす大気中の有害物質を、クリ ーンエネルギ ーである太陽光を利用して、光触媒作用により発生する活性酸素で分解し浄化します。

ハイドロテクトタイルを用いた建物を建てるということは、都会に木を植えるということ

植物には、空気を浄化する働きがあり、NOxという大気汚染物質も吸収、除去します。そんな植物に負けないぐらい、 「ハイドロテクト」も、建物の外壁でNOxを除去。
その能力は、ハイドロテクトタイル1,000㎡で、ポプラ約70本分に相当します。

ハイドロテクトタイル1000㎡はポプラ70本分
参考:住宅1棟の場合、タイルを張られた外壁を200n1とすると、ポプラ14本分に相当します。(TOTO(株)実験値)
ハイドロテクトタイルの大気浄化力
TOTO(株)による実験値に基づく試算。2007年1月現在、ビル外装用として採用された実績です。

浄化のメカニズム

  • NOx(有害物質)の発生
    NOxは光化学スモッグ、酸性雨などの大気汚染を引き起こす有害物質。
    (NOx: 一酸化窒素【NO】、二酸化窒素【NO2】などの空素酸化物)
  • NOxがハイドロテクトタイルに吸着
    大気中のNOxがハイドロテクト タイルの表面に吸着。
  • NOxを酸化しNO3-(硝酸イオン)として外壁に固定化
    ハイドロテクトタイルの表面に太陽の光が当たることで、NOxを酸化しNO3-(硝酸イオン)として外壁に固定化。
  • 硝酸イオンはH2Oと結びつき硝酸となり洗い流される
    固定化されたNO3-(硝酸イオン)は降雨などによりH2Oと結びつきHNO3(硝酸)となり洗い流されます。
  • 土壌中では生成されたHNO3(硝酸)が植物の肥料になる
    生成されるHNO3(硝酸)は極めて微呈であり、士壌中では植物の肥料になります。

ハイドロテクトタイルのここが良い!2.セルフクリーニング効果

光触媒の働きにより、汚れがつきにくく落ちやすい

光や雨の力で建物をいつもキレイに保つので、美しさが長持ちするうえにメンテナンスも少なくてすむ、経済的なタイルです。また、メンテナンスに伴う洗剤や水を削減できるので、環境保全にも貢献します。

セルフクリーニング効果を実験

タイル面に汚れをつけて、雨を想定して水を流してみました。

ハイドロテクトタイル
ハイドロテクトタイルのセルフクリーニング効果
通常のタイル
通常のタイルのセルフクリーニング効果

※TOTO(株)による試験結果であり、条件により効果が異なる場合があります。

セルフクリーニングのしくみ

  • 水膜が吸着を抑える
    親水基による水膜が静電気によるちり・ホコリの吸着を抑えます。
  • 活性酸素が汚れを分解
    活性酸素が、表面についた 汚れを分解。付着力を弱めます。
  • 雨で洗い流す
    雨水が汚れの下に入り込み、 汚れを浮かせて洗い流します。

ハイドロテクト効果を引き出すために

いつまでも美しい外壁づくりのために

光触媒作用によるセルフクリーニング効果により、いつまでも美しいタイル外壁を保つハイドロテクトタイル(外装用)。このハイドロテクトタイルのセルフクリーニング効果を最大限に引き出し、美しい外観をより一層長持ちさせるためには、建築物の設計段階でシーリング材や納まり(ディテール)の配慮が必要です。

汚れに強い外壁材(ハイドロテクトタイル)の選定、汚れに配慮したシーリング材の選定、汚れにくい納まり
  • 汚れに強い外壁材の選定を

    汚れに強い外壁材はハイドロテクトタイルをご指定ください。

    施工2年後の比較

  • 汚れに配慮したシーリング材の選定を

    汚れの負荷が非常に大きいため、シリコーン系シーリング材は使用しないでください。ポリイソブチレン系シーリング材を使用してください。

汚れにくい納まりを

汚水を含む壁面流下水による汚れを防ぐために、水切りなどによる処理を行ってください。


①水切り板は、外壁仕上げ面より30mm以上(できるだけ)外壁へ出す。

②水切り板の下部は凸部を付けた形状とする。

③水切り板との取り合いには汚染性の低いポリイソブチレン系、または変成シリコーン系シーリング材を併用する。

  • ハイドロテクトタイル《外装用》

    ■ 使用上のご注意

    • 防汚機能を充分に発揮させるため、ユニット糊や施工後モルタルの付着や塗り目地による汚れは充分拭き取ってください。
    • セルフクリーニング効果は雨水の洗浄作用を利用するものです。雨水のかからない箇所では効果を充分に発揮できませんのでご注意ください。鉄錆、白華現象、黄砂などによる無機汚れはハイドロテクトタイルでは分解できない成分が要因であるため、効果はありません。また、有機物汚れであっても集中的に付着した汚れ(※)は光触媒の分解能力を超えるため、セルフクリーニング効果が充分に発揮できない場合があります。
      (※)コケ、藻、カビ、鳥の糞、虫の糞、蜂の巣、樹液など
    • シリコーンシーリング材による汚れについては、汚れの負荷が大きく、効果が出ないことがありますので、ご使用はお避けください。
    • ハイドロテクトタイルは汚れが付着しにくい表面状態をつくることを特長としています。そのため、PCユニット用のフィルムも付着力が弱まることがありますので、フィルムの選定の際は各営業所にご相談ください。
    • PC打設時の蒸気養生温度は摂氏60度以下としてください。
    • 脱型後、2日以内に洗浄してください。タイル表面にモルタルあく等が残るとハイドロテクト機能が低下します。酸洗いを行われる際には目地部を充分に水湿しした後、1〜3%の塩酸水溶液をご使用ください。洗浄後は充分に水洗いを行い、タイル表面に酸が残らないようにしてください。
    • 洗浄の際には、ナイロン等比較的柔らかい材質のブラシ、スポンジをご使用ください。金属タワシ、カッター、カワスキ等の硬い材質のもので、タイル表面を擦ると表面に金属跡が残ることがありますのでお避けください。
    • フッ酸を含む洗剤のご使用はお避けください。光触媒が釉薬ごと侵され変色します。
    • ハイドロテクトタイルはセルフクリーニング効果で美しさを保つことができますが、それ故に目地材の汚れが目立ってしまう場合があります。従って目立たない色(灰、濃灰)の目地材の使用をおすすめします。
    • ハイドロテクトタイルは一般的なタイルと同様に虹彩現象が生じることがあります。特に、濃色系のタイルは目立ちやすい傾向にあり、虹彩現象発生時に一般的なタイルへの対応として有効な「クリンストン」による洗浄を行うことができません。この特性をご理解の上、ご採用ください。

    ハイドロテクトタイル(外装用)の耐久性は、通常タイルのⅠ類と同じです。JISの測定規格に基づく耐薬品性・耐候性・耐摩耗性の試験においても「変化なし」の結果が得られています。

  • ■酸化チタンの安全性

    ハイドロテクトタイルに使用されているTiO2(酸化チタン)は、食品添加物としてアメリカでは1968年、日本では1983年に認定されており、食品、口紅などの化粧品にも広く利用されています。また製品としてのハイドロテクトタイルの安全性についても、外部機関による皮膚一時刺激性試験※1、急性経口毒性試験※2でその安全性が確認されています。

    ※1

    ハイドロテクトタイル:試験依頼先/財団法人日本食品分析センター

    試験成績書発行年月日/平成7年3月30日

    試験成績書発行番号/第TM88020114-2号

    ※2

    ハイドロテクトタイル:試験依頼先/財団法人日本食品分析センター

    試験成績書発行年月日/平成7年4月6日

    試験成績書発行番号/第TM88020114-4号

    ※1、※2はTOTO㈱の依頼による試験成績書です。

    ■活性酸素の安全性

    • 活性酸素とは、通常大気中に存在し、また体内でも常に生成されているものです。この活性酸素は大量に体内に取り込まれると、人体に悪影響を与えてしまうことがあります。
    • ハイドロテクトタイルの光触媒作用により生成される活性酸素は、あくまでもタイル表面(セラミックパネル表面)で進行するものであり、空中に浮遊することはありません。また活性酸素自体の寿命が、非常に短いため、体内に取り込まれることはありません。
    • 日常生活で活性酸素が役立っている他の例として、消毒薬として一般的に使用されるオキシドール(過酸化水素水)が挙げられます。オキシドールは皮膚表面で活性酸素を生成することで、細菌や雑菌を消毒するという働きを持っています。

※ハイドロテクトタイルは国内販売のみ対応可能です。

湿式成形品のハイドロテクト加工について

湿式成形品も外装壁用としてハイドロテクト加工を注文生産品にて対応いたします。
セルフクリーニング機能を充分に発揮するには以下の2点が主な条件となります。

  • タイル表面に均一に光触媒機能層を設ける
  • 汚れを吸水付着させない低吸水なタイル表面

の条件から

磁器質施釉品より少し吸水率が高いⅡ類(せっ器質)湿式成形品へのハイドロテクト加工は、セルフクリーニングの効果を最大限に引き出すため、光触媒機能層とタイル素地の間に透明釉層を設け、表面吸水を止める方法で対応します。

汚れ付着試験

写真は湿式成形品のハイドロテクト加工なし(透明釉層なし)、ハイドロテクト加工品(透明釉層なし)、ハイドロテクト加工なし(透明釉層あり)、ハイドロテクト加工品(透明釉層あり)をそれぞれ屋外の汚れを想定し、強制的に汚れ液を同条件で滴下し、汚れ付着の差を比較したものです。

湿式成形品は、透明釉とハイドロテクトの組み合わせにより、汚れの低減が期待できます。
※現場諸条件により汚れ付着の状況は異なります。

● ハイドロテクト加工について

ハイドロテクト加工が可能な既存製品には、「ハイドロテクト加工対応製品」マークを表示しています。在庫品へのハイドロテクト加工ができないため、注文生産品扱いとして工場生産からの対応となりますのでご了承ください。 また、既存製品以外の形状等も対応いたします。形状、大きさ、カラー、焼成方法等に制約がありますので、各営業所にご相談ください。

● 価格設定について

ハイドロテクト加工品の価格は、ご要望のタイル・数量によって大きく変わります。詳しくは各営業所にお問い合わせください。

● 納期について

ハイドロテクト加工品の納期は、ご要望のタイル・数量によって大きく変わります。詳しくは各営業所にお問い合わせください。

ご注意

  • 表面が粗面や筋面のタイルはハイドロテクト加工が可能ですが、光触媒機能である汚れ成分を浮かせて雨水で洗い流すセルフクリーニング機能を充分に発揮できないことがありますので、ご理解をお願い致します。
  • ハイドロテクト加工をしますと、ハイドロテクトや透明釉の影響、製造工場、ベース色の違いなど諸条件によって色や光沢の出方が異なりますので、サンプルでよくお確かめの上、ご採用ください。
  • 酸化焼成品のみの対応となり、還元焼成品への対応はできません。還元焼成独特の風合いがなくなります。
  • 商品検索
  • 施工例集検索
カラーをお選びください ▼
価格

カラーをお選びください ▼
3Dカタログ タイル検定 推奨工事店 光触媒技術ハイドロテクト 一般社団法人全国タイル業協会/全国タイル工業組合